レポート一覧
2020年8月号
  1. no082620

    ITV/OTVとハンドについて述べます。   ITV/OTVに照らしてハンドは以下の組み合わせになります。  

    2020年08月26日発行

  2. no082520

    以前以下のようなハンドテーブルを紹介しました。 皆さんはそれを利用されているでしょうか。 私の知っている範囲において述べると、うまくいっている人は全員それを自分なりにアレンジして利用しています。私の知っている範囲で言えば、それには例外がありません。  ...

    2020年08月25日発行

  3. no082420

    先週号においてC及びPについて解説しました。   ”C/P MIX”(C/P「混合」)について述べます。   CとPを組合せたハンドのいくつかを掲げます。  

    2020年08月24日発行

  4. no082120[SUMMARY]

    今週号では”C”と”P”について解説しました。 来週C/Pの混合について解説します。  

    2020年08月21日発行

  5. no082020

      引き続き“P”について述べます。 Pは記号に過ぎません。大事なのは記号Pに関わる数字(価値)です。 このビジネス(Number Operation)はCが中心であることを述べました。PはCの派生です。 ”C“の反対側の”P”の数字を利用することができますが、それは”C“の派生である...

    2020年08月20日発行

  6. no081920

    続いてPについて引き続き解説します。 No081320のレポートを参考にしてください。     マトリックスなしでVCのSの欄の左側(P)をご覧ください。   同様に、繰り返しになりますが、スペースを割いてブランクのテーブルを掲げるには特別な理由があります。頭...

    2020年08月19日発行

  7. no081820

    前日号(no081720)の最後のページでY軸のローテーションに触れました。 それについてはX軸のローテーションとともに追って解説します。   引き続き“C”について述べます。(”P”についは次号[no081920]で解説します。) Cは記号に過ぎません。大事なのは記号Cに関...

    2020年08月18日発行

  8. no081720

    先週述べたCについて引き続き解説します。 No081220を参考にしてください。   「Number Operationの基本は”C“にあります。 Number Operationにおけるカラクリ(数学的原理)の中心は“C”の中にあるという意味です。」と述べました。  

    2020年08月17日発行

  9. no081420 [SUMMARY]

    今週号ではVCが宝庫であることを示しました。 特にno081220とno081320をもう一度読み返してみてください。 幾度も繰り返し述べてきた「すべてがNになる」原理に照らして VCを時間が許す限りご覧ください。   VCから多くを吸収してください。マトリックスもVCに含まれ...

    2020年08月14日発行

  10. no081320

    Pについて解説します。 既に述べたように、PはCからの派生です。PはCがなければ存在しませんでした。そして、現在もPはCがなければ存在できません。Pの価値はCの価値から数学的に作られたものです。Pを理解するにはCを理解する必要があります。  

    2020年08月13日発行

  11. no081220

    Cについて述べます。 Number Operationの基本は”C“にあります。 Number Operationにおけるカラクリ(数学的原理)の中心は“C”の中にあるという意味です。   以前に述べたように、記号Pの値(バリュー)より先に記号Cの値(バリュー)が開発されました。 記号Pは記号C...

    2020年08月12日発行

  12. no081120

    以前、このビジネス(=Number Operation)では「数学が直接収益を生み出す。」と述べました。 「ハンドを組み立てる」ことを工学的技術として認識するようにしましょう。「ハンドは数式である。」と述べました。ハンド操作とは数式を組み替える行為です。   複数のVC...

    2020年08月11日発行