レポート一覧
2020年9月号
  1. no09230

    CV6はいずれCV1になります。逆に見れば、CV1はかつてCV6だったのです。 そこで、CV6とCV1を比べてみましょう。グラフを描けば一目瞭然なのですがあえて数字を掲げますので目で数字を追ってご覧ください。   すべての数値がいずれCV1になり同じ性質を帯びることになり...

    2020年09月23日発行

  2. no091820[SUMMARY]

    今週号のポイントを2ページにまとめました。 振り返ってみると新たな発見があります。  

    2020年09月18日発行

  3. no091720

    以下の図はこれまで幾度も繰り返し掲げてきました。 ここでは理論的な説明は繰り返しません。この図のイメージを頭に刻み込んでおいてほしいのです。  

    2020年09月17日発行

  4. no091620

    私が2008年にロンドンからニューヨークに移りチームを結成してNumber Operationに本格的に取り組み実践を継続してきた中で気づいたことは“数”ひいては数学の凄さと“時間”の物理学的な作用です。そして、それ以来ずっとそれらについて思い考え続けてきました。数値の変化に...

    2020年09月16日発行

  5. no091520

    Matrixが正常な状態のとき(正常なトライアングルの形状を見せているとき)は操作技術をあまり必要としません。時間の流れに任せていれば構造がそのまま収益を運んでくれます。まるでベルトコンベアーに乗っている流れ作業のような感じです。  

    2020年09月15日発行

  6. no091420

    下の“トライアングル”はかつて頻繁に掲げていたもので正常な数値構造を示しています。      

    2020年09月14日発行

  7. 091120[SUMMARY]

    今週号では 1)RSCのメカニズムについて解説しました。 2)また、それへの対応としてのハンドを紹介し解説しました。 3)さらにアウトフローが必ず戻ってくるメカニズムについて解説しました。   それらの3つのポイントは非常に大事なのでレビューしてください。 ...

    2020年09月11日発行

  8. no091020

    前日号(no090920)でサインカーブ(正弦曲線)/コサインカーブ(余弦曲線)を掲げました。 これは以前Matrixの数値の循環性/連続性の原理について説明するためにイメージとして紹介したものです。   それを理解するのに三角関数やフーリエの定理といった数学や物理...

    2020年09月10日発行

  9. no090920

    これまで幾度も繰り返し述べてきましたが、Number Operationに関することは全て数学です。より踏み込んで言えば、その中に物理学の法則が絡んでいます。物理学は数学とは違いますが、その基礎は数学理論です。このように述べると数学や理科を苦手とする方にとっては難しい...

    2020年09月09日発行

  10. no090820

    ご存知だと思いますが、”RSC”(=”Reverse Structural Change”)は元々私のチームでは「ブラフ」と呼んでいました。英語の”bluff”ですが、ポーカーになぞってそのように呼んでいました。皆さんに説明する上でこのようなジャーゴン(”jargon”: 仲間内だけで通じる言葉)を用い...

    2020年09月08日発行

  11. no090720

    Supplementary no090420において以下を述べました。   ******************************************************************************************** RSCについては特に予測してハンドを組む事はしません。Number Operat...

    2020年09月07日発行

  12. no090420 [SUPPLEMENTARY]

    RSCのメカニズムについてはこれまで幾度か述べてきました。 RSCについては特に予測してハンドを組む事はしません。Number Operationは数値の変化の予測に基づいているのではないのです。RSCの発生後でもハンドを組み換えたり新しいハンドを加えたり技術的な操作ができます...

    2020年09月04日発行