レポート一覧
2020年12月号
  1. no120420[SUMMARY]

    No120120に多いてこのように述べました:「今月(12月)から来年(2021年)にかけて上述のこと(=本質中の本質)について追及(追究)していきます。皆さん各自皆さんご自身の中でそれが見えたと感じた時に視界がこれまでとは比べようもなく広がりそれ以上ない強い自信になると...

    2020年12月03日発行

  2. no120320

      no120120、no120220ではそれぞれVCにおけるSの左側の数字(バリュー)と同右側の数字(バリュー)について見ていただきました。   本号(no120320)ではそれら2つの種類の数字(バリュー)がどのように関わっているかを見て見ましょう。  

    2020年12月02日発行

  3. 120220

    前日号(no120120)に引き続きVCを見ていきたいと思います。 「VCには多くの“からくり”があります。」と述べました。PはCから作られた数字(バリュー)でなお一層手が込んでいます。Cよりわかりにくいと言えます。  

    2020年12月01日発行

2020年11月号
  1. no120120

    11月に引き続きVCを徹底的に見ていきたいと思います。 VCをうまく利用してください。VCには多くの“からくり”があります。 (“からくり“はNBOにおいて表面から数学的原理のことですが、それは実践者にとって切実な魔法の杖です。)  

    2020年11月30日発行

  2. no112720 [SUMMARY]

    <NOTICE>   11/30号(no113020)はお休みです。 12月号は12/1(no120120)からです。   11/26(木)の米国はサンクスギビング(感謝祭)で休場です。   *****************************************************************...

    2020年11月26日発行

  3. no112620

      今回はS値を挟みCとPの両方のバリューをご覧ください。  

    2020年11月25日発行

  4. no112520

    前日号(no112420)に引き続きVCについてお話しします。 VCのSの右側の数字を2つのテリトリー(T3/T4)に分けてご覧ください。  

    2020年11月24日発行

  5. no112420

    先週に引き続きVCについてお話しします。   VCの箱(テーブル)をCurrent Valueを中心に4つに分けることは理解されていると思います。 COTV、CITV、PITV、OOTVの4つです。 Current Valueを“CV”と表記していたのですが、CITVやCOTVのようなC-Valueと混同してしまう恐れが...

    2020年11月23日発行

  6. no112020[SUMMARY]

    ついに[DEC]がCV1に回り(=循環し)ました。 今年最後の月です。2021に向けてスタートを切ってください。   今週号では“本質”という言葉を多く用いました。NBOは皆さんが思っている以上にシンプルです。 以下にポイントをまとめました。もう一度目を通してください。 ...

    2020年11月19日発行

  7. no111920

    これまで幾度も繰り返して述べてきましたが、NBO の最も難しいところは難解な理論や操作技術ではありません。“本質“が幾重ものベールに包まれて見えないことです。数学的・物理学的原理や制度のベールに包まれてそれが見えないように覆われています。「“本質”とは何か。」...

    2020年11月18日発行

  8. no111820

    VCの仕組みをよくご覧ください。 VC主体に見るとここから収益を得る方法ハンドはいくらでも作れます。 特定のハンドに固執する必要は本来ないのです。 これまでCC、PP、およびそれらを組み合わせたCCPPを主に扱ってきました。その基本をおぼえた後はもっと自由にハンドを組...

    2020年11月17日発行

  9. no111720

    MATRIXやVCは何を目的に開発されたのか。 それについて考えてみましょう。 とても興味深いことがわかります。 それを知ると小手先のオペレーションの技術やハンド操作技術など大局から見ればわずかな枝葉でしかないと思えてきます。  

    2020年11月16日発行